加圧されたマシュマロ ~ヤンデレ・修羅場・三角関係まとめ~

ヤンデレ、修羅場、三角関係等について、総合的にまとめていくブログです。 ヤンデレSS、小説、ゲーム、アニメ、イラスト、音声、漫画等を幅広く取り扱います。

お品書き

PIXIV FANBOXを開設しました~。
リンクはこちら~。

pixivFANBOX 

とりあえず小説(1.2万文字)と漫画(モノクロ5ページ)を公開しています。
あとは2月中に10枚程度のCG集を予定しています。

よろしくおねがいいたします~!

ハイヌミ先生の小説(ライトノベル)「君は死ねない灰かぶりの魔女」についてのご紹介です。


僕は魔法使いの弟子。
ボロ屋で一緒に暮らす「お師匠さま」は、世界有数の魔法使い、を自称している。どう見てもただの引きこもり女子だけど―。
僕なんかと背中合わせで本を読み、料理中の僕を眺めるのが好きな変わり者だが、授業では鮮やかな魔法を見せてくれる。
穏やかな生活は幸せで―。
だが、ある日、不老不死の呪いに悩む別の魔女に告げられた。
師匠は、世界を救い呪いを受けた13人の最高位の魔女の一人で、呪いを癒す能力を持つのは、世界で僕だけ!?


上記が公式サイトのあらすじです。
こちらの本作、元はやる夫系と呼ばれるSSが元になっています。
やる夫系というのはAAを漫画のような形式で掲示板に投稿する作品のことで、有名どころだとアニメ化されたゴブリンスレイヤー等がそれに当たります。
やる夫系では主人公がやる夫という5chのキャラクターである事が多く、小太りでハゲ頭のためにWeb連載時では「白頭と灰かぶりの魔女」というタイトルでした。
ノベライズ版ではさすがに小太りのハゲ頭を主人公に出来なかったのか、可愛い系のショタに改変されています。
その他、キャラクターの名前や容姿が大きく異なっているので、原作を読んでいた方はやや混乱するかもしれません。
やる夫系である事とノベライズによる変更があるという前置きはここまでにして、本筋について触れていきましょう。

本作の肝は、タイトルにもある「死ねない灰かぶりの魔女」となっています。
呪いを受けた13人不老不死の魔女が登場するのですが、主人公だけが呪いの影響を受けません。
呪いのせいで孤独な生活を送っていた魔女たちは、その事に気づくと主人公を確保しようと動き始めます。苛烈な呪いを受けている魔女ほど執着心が膨らみ始め・・・。
それとは別に、魔女を根絶やしにしようとする教会も動き出し、大きな争いへ繋がっていきます。
魔女たちの呪いはそれぞれ違っていて、大体が生き地獄となっています。
この一作目ではまだ全ての魔女は出てきませんが、作中で最も過酷な呪いを受けた乖離の魔女に焦点を当てた内容となっており、とりあえずこの一巻だけで合う合わないの評価が定まるところまで話が進んでいます。悩んでいる方は一巻だけ試しに読んでみてはいかがでしょうか。

本作は462ページあり、鈍器と呼ばれる森博嗣の小説に近しい厚さがあります。
挿絵も多く、コミカライズ版も既に始動していて出版社も力を入れているなぁ、という印象です。
私としても2020年のヤンデレで一番良かったのでぜひ一読をお勧めします。
原作最新話まで全部読んでるんですが、かなりの分量があるので波長が合ったら長いこと楽しめると思います。
ちなみに私は魔女の中だと無痛ちゃんと転換ちゃんが好きです。

ケムコが配信しているスマホ向けADV、鈍色(にびいろ)のバタフライのご紹介です。
iPhoneとAndroidの両方のストアで提供されています。
鈍色公式サイト


あらすじ
夏休み。
高校二年生の主人公は、友人たちの誘いを断って墓参りに訪れていた。
しかし、不意に意識が途切れた後に目が覚めたのは知らない施設の中だった。
そこで同じく閉じ込められていた8人の友人たちと一緒に「バタフライゲーム」と呼ばれる命を賭けたゲームに挑戦していく。



突然閉じ込められたプレイヤー同士が殺し合いをさせられるという、いわゆるデスゲームものです。
人狼をベースにしたルールで、プレイヤーの中に鬼役が一人混ざっていて、その一人は一日ごとに誰かを殺す権利を持っています。
鬼以外のプレイヤーは個々に特殊な役割を持っており、鬼と二人きりになる前に鬼役を特定することでクリアとなります。
参加者は女性6人。男性3人。
中でも主人公とヒロインは「共有者」という役割を与えられ、互いに鬼ではない事を事前に知らされており、秘密の通信方法を持っています。プレイヤーの中で主人公とヒロインの二人だけが互いに安全な存在だと理解しているという状況です。
この時点で既に美味しい状況なのですが他に幼馴染ヒロインもいて、ゲームが進むにつれて三角関係が拗れていき、最終的には修羅場となります。
一周目を終えると各キャラの視点も追加され、謎だった部分も明らかになっていく構成です。
個人的にはヤンデレというよりは修羅場ゲーという印象でした。色々と設定が公開されてヒロイン視点も追加された二周目だとヤンデレ要素がちょっと増えます。

デスゲームと修羅場の組み合わせに興味がある方にはお勧めのノベルゲームです。

↑このページのトップヘ