加圧されたマシュマロ ~ヤンデレ・修羅場・三角関係まとめ~

ヤンデレ、修羅場、三角関係等について、総合的にまとめていくブログです。 ヤンデレSS、小説、ゲーム、アニメ、イラスト、音声、漫画等を幅広く取り扱います。

現代/短編
全2ページ
2020年5月9日Twitter、Pixiv等に投稿。

幼馴染三人
幼馴染三人02

現代/短編
全1ページ
2020年5月4日Twitter、Pixiv等に投稿。

仲介女

2020年1月に発売されたヤンデレ漫画「病月」のご紹介です。
作者はもちオーレ先生。
百合作品の漫画を何本も描いていらっしゃる方です。
病月も主人公、ヒロインともに少女の百合作品となっています。



病月 1 (電撃コミックスNEXT)

主人公の花絵は同級生からの付き纏いに悩んでいた。
ストーカーの田山祥子、通称タヤショは貞子のような長い髪が特徴で、クラスで誰も近寄ろうとはしない不気味な存在。
彼女の行動は日々エスカレートし、周囲のクラスメイトに対して「花絵に近づくな」と脅すようになる。
ある日、スマホの中身を見せろと騒ぐ田山との言い合いに、小柄なヤンキー少女リョウが見かねて介入し・・・。
 

というのが本作のあらすじです。
表紙でも異彩を放つストーカー少女のタヤショがとにかく印象的なマンガです。
貞子のような長い髪に、高身長から繰り出される圧迫感。
クラスの皆もその体格にびびってしまって主人公が孤立していってしまうのですが、そこに小柄なヤンキー少女のリョウが正義感から突っかかってくるのが本作の見どころ。
あらすじだけだとリョウが正義でタヤショが悪という構図になってしまうのですが、一見すると不気味なタヤショのギャップを結構描いてくるので、ヤンデレヒロインとして可愛らしく見えてくるのもすごいです。
終盤ではタヤショを操ろうとする更に不気味な少女も登場し、次巻が楽しみなヤンデレ作品です。

↑このページのトップヘ