加圧されたマシュマロ ~ヤンデレ・修羅場・三角関係まとめ~

ヤンデレ、修羅場、三角関係等について、総合的にまとめていくブログです。 ヤンデレSS、小説、ゲーム、アニメ、イラスト、音声、漫画等を幅広く取り扱います。

レビュー

ハイヌミ先生の小説(ライトノベル)「君は死ねない灰かぶりの魔女」についてのご紹介です。


僕は魔法使いの弟子。
ボロ屋で一緒に暮らす「お師匠さま」は、世界有数の魔法使い、を自称している。どう見てもただの引きこもり女子だけど―。
僕なんかと背中合わせで本を読み、料理中の僕を眺めるのが好きな変わり者だが、授業では鮮やかな魔法を見せてくれる。
穏やかな生活は幸せで―。
だが、ある日、不老不死の呪いに悩む別の魔女に告げられた。
師匠は、世界を救い呪いを受けた13人の最高位の魔女の一人で、呪いを癒す能力を持つのは、世界で僕だけ!?


上記が公式サイトのあらすじです。
こちらの本作、元はやる夫系と呼ばれるSSが元になっています。
やる夫系というのはAAを漫画のような形式で掲示板に投稿する作品のことで、有名どころだとアニメ化されたゴブリンスレイヤー等がそれに当たります。
やる夫系では主人公がやる夫という5chのキャラクターである事が多く、小太りでハゲ頭のためにWeb連載時では「白頭と灰かぶりの魔女」というタイトルでした。
ノベライズ版ではさすがに小太りのハゲ頭を主人公に出来なかったのか、可愛い系のショタに改変されています。
その他、キャラクターの名前や容姿が大きく異なっているので、原作を読んでいた方はやや混乱するかもしれません。
やる夫系である事とノベライズによる変更があるという前置きはここまでにして、本筋について触れていきましょう。

本作の肝は、タイトルにもある「死ねない灰かぶりの魔女」となっています。
呪いを受けた13人不老不死の魔女が登場するのですが、主人公だけが呪いの影響を受けません。
呪いのせいで孤独な生活を送っていた魔女たちは、その事に気づくと主人公を確保しようと動き始めます。苛烈な呪いを受けている魔女ほど執着心が膨らみ始め・・・。
それとは別に、魔女を根絶やしにしようとする教会も動き出し、大きな争いへ繋がっていきます。
魔女たちの呪いはそれぞれ違っていて、大体が生き地獄となっています。
この一作目ではまだ全ての魔女は出てきませんが、作中で最も過酷な呪いを受けた乖離の魔女に焦点を当てた内容となっており、とりあえずこの一巻だけで合う合わないの評価が定まるところまで話が進んでいます。悩んでいる方は一巻だけ試しに読んでみてはいかがでしょうか。

本作は462ページあり、鈍器と呼ばれる森博嗣の小説に近しい厚さがあります。
挿絵も多く、コミカライズ版も既に始動していて出版社も力を入れているなぁ、という印象です。
私としても2020年のヤンデレで一番良かったのでぜひ一読をお勧めします。
原作最新話まで全部読んでるんですが、かなりの分量があるので波長が合ったら長いこと楽しめると思います。
ちなみに私は魔女の中だと無痛ちゃんと転換ちゃんが好きです。

ケムコが配信しているスマホ向けADV、鈍色(にびいろ)のバタフライのご紹介です。
iPhoneとAndroidの両方のストアで提供されています。
鈍色公式サイト


あらすじ
夏休み。
高校二年生の主人公は、友人たちの誘いを断って墓参りに訪れていた。
しかし、不意に意識が途切れた後に目が覚めたのは知らない施設の中だった。
そこで同じく閉じ込められていた8人の友人たちと一緒に「バタフライゲーム」と呼ばれる命を賭けたゲームに挑戦していく。



突然閉じ込められたプレイヤー同士が殺し合いをさせられるという、いわゆるデスゲームものです。
人狼をベースにしたルールで、プレイヤーの中に鬼役が一人混ざっていて、その一人は一日ごとに誰かを殺す権利を持っています。
鬼以外のプレイヤーは個々に特殊な役割を持っており、鬼と二人きりになる前に鬼役を特定することでクリアとなります。
参加者は女性6人。男性3人。
中でも主人公とヒロインは「共有者」という役割を与えられ、互いに鬼ではない事を事前に知らされており、秘密の通信方法を持っています。プレイヤーの中で主人公とヒロインの二人だけが互いに安全な存在だと理解しているという状況です。
この時点で既に美味しい状況なのですが他に幼馴染ヒロインもいて、ゲームが進むにつれて三角関係が拗れていき、最終的には修羅場となります。
一周目を終えると各キャラの視点も追加され、謎だった部分も明らかになっていく構成です。
個人的にはヤンデレというよりは修羅場ゲーという印象でした。色々と設定が公開されてヒロイン視点も追加された二周目だとヤンデレ要素がちょっと増えます。

デスゲームと修羅場の組み合わせに興味がある方にはお勧めのノベルゲームです。

MITA先生原作、山本やみー先生作画の漫画、ドクザクラのご紹介です。

ドクザクラ(1) (裏少年サンデーコミックス)

主人公は他人からの好感度を数値化して見ることができる男子大学生。
三人の女性をうまく利用してヒモ男のような生活を送っていたが、幼少期にある約束をした幼馴染の「サクラ」と再会する。
サクラの好感度はまるでバグったような桁違いの数値を示していて・・・。


というのが本作の導入部分です。
好感度がバグってる幼馴染ヒロインは事故で長い間昏睡状態だったため、精神年齢が幼いまま。
更に主人公のように特殊な能力を持っていて、主人公が咄嗟についた「借金がある」という嘘を信じ込み強盗をしてしまいます。
主人公の手元には大金が転がり込み、便乗の強盗殺人も発生し、警察が捜査に乗り出します。
一巻ではヤンデレというギミックを利用したサスペンス的な展開が目立ち、ヒロインと敵対するような流れになってしまうのでヤンデレ目的で読むと「おや?」となってしまうかもしれませんが、二巻でヒロインらしい動きを見せ始めるので一巻だけでなく二巻まで見てほしい漫画です。
主人公がヒモになるために利用してる三人のサブヒロインの扱いも今後どうなるのか気になるポイントでした。

2020年1月に発売されたヤンデレ漫画「病月」のご紹介です。
作者はもちオーレ先生。
百合作品の漫画を何本も描いていらっしゃる方です。
病月も主人公、ヒロインともに少女の百合作品となっています。



病月 1 (電撃コミックスNEXT)

主人公の花絵は同級生からの付き纏いに悩んでいた。
ストーカーの田山祥子、通称タヤショは貞子のような長い髪が特徴で、クラスで誰も近寄ろうとはしない不気味な存在。
彼女の行動は日々エスカレートし、周囲のクラスメイトに対して「花絵に近づくな」と脅すようになる。
ある日、スマホの中身を見せろと騒ぐ田山との言い合いに、小柄なヤンキー少女リョウが見かねて介入し・・・。
 

というのが本作のあらすじです。
表紙でも異彩を放つストーカー少女のタヤショがとにかく印象的なマンガです。
貞子のような長い髪に、高身長から繰り出される圧迫感。
クラスの皆もその体格にびびってしまって主人公が孤立していってしまうのですが、そこに小柄なヤンキー少女のリョウが正義感から突っかかってくるのが本作の見どころ。
あらすじだけだとリョウが正義でタヤショが悪という構図になってしまうのですが、一見すると不気味なタヤショのギャップを結構描いてくるので、ヤンデレヒロインとして可愛らしく見えてくるのもすごいです。
終盤ではタヤショを操ろうとする更に不気味な少女も登場し、次巻が楽しみなヤンデレ作品です。

2020年2月からWebコミックガンマぷらすで連載されているヤンデレマンガ、「八月九日 僕は君に喰われる。」のご紹介です。
作者はtomomi先生。
Twitterでホラー漫画を中心にアップされている方です。
以前からヤンデレ気味な表現も多く、ご存知の方も多いかもしれません。
「送り狼」という短編漫画を連載向けに構成しなおしたようで、今作もホラーテイストにヤンデレヒロインを組み合わせた形になっています。

連載先は以下のリンクから飛べます。
http://gammaplus.takeshobo.co.jp/manga/august9/

主人公は昔から複数のストーカーに悩まされている男子高校生。
しかもストーカーは普通の人間ではなく、異形の者たち。
ミヤコと名乗る謎の女性が助けてくれるも、彼女もどうやら普通の人間ではないようで・・・。

というのがあらすじです。
現在連載されているのは三話までですが、既にヤンデレと断言しても大丈夫そうなヒロインの描写となっています。
ホラー人外異形といった要素が好きな方にはストライクな漫画になると思います。

連載前の短編漫画「送り狼」は現在もTwitterで公開されたままとなっています。
まずは短編で雰囲気だけ掴んでみるのいいかもしれません。
https://twitter.com/tadaresan/status/1138427206424702979



↑このページのトップヘ